忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

04.25.19:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 04/25/19:43

12.16.21:20

西の魔女が死んだ~映画~

全体的に「包まれる」という雰囲気。

頬を包む両手
風がゆらすカーテン
手のひらの野いちご
野いちご畑にたたずむ
野原で寝ころぶ
森の中で膝を抱える少女 etc・・・

『赦す』ということ、『赦される』ということ、また、それをどうしても受け入れられず、感情のまま自身をさらすこと。

魔女修行には強い意志の力が必要なのだそうです。
しかし、どんなに素晴らしい魔女であってもたまには感情に流されて相手にそれをぶつけることもある。
そんな自分に素直に傷つく心を持つことは、きっと素敵なこと。
なぜなら、自分の弱さを知ったときにきっと、私たちは何かを学ぶのだと思うのです。

魂の本質は「成長したい」気持ちだから「体」を持つのだ、というセリフにはすごく共感しました。

音楽も良かった。
この主演のサチ・パーカーさんてシャーリー・マクレーンの娘さんだそうですね、似てないけど。
良かったです、彼女。
カタコト日本語の雰囲気が、すごく作品に合ってました。
てしまあおい(漢字変換できなかった)の歌もいい。

木々の香りや、葉っぱの匂い、湿った林の空気、ハーブを渡る風、灯かりのない星空、全てが優しくて、いつまでもあの中に浸っていたいと思える、素敵な作品でした。
ほんとに、大きな心・優しさに包まれる、って感じで、暖かい涙を流してきました。

nishino.jpg










PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら