忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.25.22:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/22:58

03.08.22:14

音楽はライブだね

Billboard Classics presents
“安藤裕子×西本智実 スペシャル・プレミア・シンフォニック・コンサート”
Bunkamura Orchard Hall, Feb.28,2013
  1. ビゼー:アルルの女より「ファランドール」 (西村智実+日フィル)
  2. ニラカイナリィリヒ
  3. 私は雨の日の夕暮れみたいだ
  4. Green Bird Finger.
  5. ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ (西村智実+日フィル)
  6. エルロイ
  7. Lost Chlid,
  8. 海原の月
  9. --15分休憩--
  10. グッドバイ (安藤裕子 with 山本隆二)
  11. たとえば君に嘘をついた (安藤裕子 with 山本隆二)
  12. マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲 (西村智実+日フィル)
  13. ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク (西村智実+日フィル)
  14. 地平線まで
  15. 隣人に光が差すとき
  16. 愛の季節
  17. 歩く
  18. 【アンコール】
  19. 聖者の行進

歌唱: 安藤裕子、ピアノ伴奏: 山本隆二

指揮: 西本智実、演奏: 日本フィルハーモニー交響楽団


安藤裕子に西本智実、それに日フィルということで、どうしてもどうしても聴きたくて行ってきたbunkamura。
安藤裕子は5年前に福岡でライブを聴いて以来。
その時のライブがすーごく良かった。
ひとりZepp FUKUOKA、それから常宿になったサットンホテルとの出会いもあり、素敵な一人旅の良い思い出になった。
西本智実はもう、いい。単純に格好良いから好き。
正義よ、とにかく。素敵な女はそれだけでもういいの!そこにいてくれるだけでいいの!良いわー♪
プラスことの日フィル。
日本を代表するオーケストラの音。
美しいに美しいに美しいを足したものを逃すわけにはいきません!

andoyuko6.jpg安藤裕子の曲は弦楽器のメロディがとてもキレイなものが多い。
キレイだしドラマティック。
心のひだに触れる彼女の歌詞が流れるのが心地よく、音にたゆたうとはまさにこのこと!と感じながら聴いている。
で、その弦の響きを生で、それもオケで、西本智実の指揮で聴けるということでめちゃめちゃ期待したんだった。

オーケストラの演奏会形式で1部と2部に分かれていたが、
1部はお互いが手探りしているとしか言えないような状態だった。
実際、私ですら来たことをちょっと後悔したほど歌とオケが噛み合ってなかった。
上手く言えないけれど、歌が邪魔に思え、オケだけを聴かせてほしいと感じた。
弦の響きがキレイなのに、伴奏に徹しているからストレスを感じさせる。
「伴奏に徹している」と思わせるところがストレスだった。
おまけに安藤裕子にはすごくアウェーな雰囲気もあり、日フィルの「お客さん」的な感じがして、それが違和感の元だったかも。

nishimoto5.jpgあたた・・・・と思いながら2部は安藤裕子とピアノだけで始まった。
これが良いのなんの。
照明をおとした舞台に彼女とピアノにピンライトがあたり、彼女だけのステージに彼女の歌が響く。
前半、あんなに邪魔に感じた彼女の歌がすんなり聴こえてくる。
気分が良くなったその後、再びオケ登場で後半はきっちりと歌とオケが絡まっていた。
結局「やっぱり良かったわー」と終わったけれど、初めての試みでお互いがペースを探っていた前半から、体制立てなおした後半はさすがプロということか。
西本智実だけを目で追ってきた前半。
全体を見て、聴くことができた後半。
なんていう変化があるのもライブだから。
やっぱり音楽はライブだなー

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら