忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

08.21.17:17

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/17:17

07.15.17:48

チェイサー ~映画~

chaser.jpg恋愛映画は何だかもう・・・と、思っている自分がいて、その理由はどんな話であってもそれはフィクションだから。
判り切ってることだけど、それ(作品)を真面目に語る気にもなれないのは冷めてしまったからではない。
逆。
本物に気付いたのにフィクションには酔えない。

そうなってくると残念なことに、フィクションとしての物語にわくわくドキドキするジャンルとしてぴったりハマってしまったのがこの作品。
ただの雇われポン引き店長は元刑事。
店の女の子が最近次々といなくなるが、まさか連続殺人事件に繋がっているとは思いもせず、さらわれて売り飛ばされている!と、相手をつきとめる。
犯人のふてぶてしさときたら、ポン引きじゃなくとも殴って殴って殴り殺してやりたいぐらい。
犯人は住所不定で、彼の『殺しの館』にはまだ息のある娼婦がいるのに見つけることができない・・・・
犯人の供述内容が、連続失踪事件・連続殺人事件と結びついたために、警察も死体を探す、『家』を探す、同時に元刑事も手掛かりを持って『家』を探す・・・・

ヤキモキ度、1000%。
何度観ながら舌打ちしてしまったことか!
ネタバレして良けりゃ愚痴りたい。
chaser1.jpgあまりの不条理感には、この私ですら途中退席したかった。
元刑事めー!あんたの持ってる手掛かりは、警察に渡すべきじゃーーーーー?

観終わって、それまでのストレスは吹き飛んだが、ラストシーンに妙に心が動いた。
寂しくて、悲しくて、それでもとても優しくて、美しいシーンだった。
闇に降る雨は、きっといつだって孤独な魂を包んでいるんだろう。
見えない未来を、非情な決意を持ってひととき流しているのだろう。
不器用な優しさを、その場だけに閉じ込めて、密やかに熟成させているのだろう。

タイトルはセンスないけど、終わってみるとすごく好きな作品でした。


PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

チェイサーねぇ、、
2009年07月15日水

想像がふくらまないタイトルだ

途中イライラするけど
最後まで観れば納得するわけか

うーん
気がむいたら観ようかな

Re:チェイサーねぇ、、
けど面白いですよ♪

ただタイトルがちょっとハイカラすぎるかなー、って思うんです。
可もなく不可もなく、なサスペンスとか、刑事もの、みたいな気分で劇場に来た日にゃーものすご痛い目をみそうな作品ですから。。。。。。
2009/07/16 00:08

Re:チェイサー ~映画~
2009年07月16日木

怖くて、指の隙間から見なくちゃいけない感じ?苦手だーーーー(;_;)
でも、そんなに面白いのなら、明日勇気をだして観てこようかな・・。
話題の作品だし。

Re:Re:チェイサー ~映画~
怖いというより、痛いんです。
ものすごく。
「その場面」だけをなんとかクリアできれば、本当に面白い。
特に、あのラストシーンは名場面なので、ぜひ、観てもらいたいです!
温かくて切なくて優しくて・・・
あのシーンだけでも熱込めて語れますよ!私。
2009/07/17 00:58

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら