忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.23.14:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/23/14:06

03.10.09:23

アンチ・ドキュメンタリーです

bowling.jpgもう少し純粋だったころは、ドキュメンタリーを真実だと思っていた。
極端に言うと、ヤコベッティの「世界残酷物語」だとか「グレート・ハンティング」なんかですら、描かれていることは全てが真実だと思っていた。
しかし、フィルムがどう編集されて、私たちの前にお目見えする、と知ってからは、ノンフィクションとうたっていても、その作品だけを観て全てわかった気になるのではなく、描かれてある事柄を知ることだけが重要だと思っている。
興味がわけば、自分の目と耳と足で調べて考えて判断する。
作品だけを観て判断するのは、大きな間違いだと思っている。
何度も言うけど、そうだと思ってます。

イルカ漁があることを、今回のアカデミー賞で初めて知った。
へぇ~。
私はピース・キープ・イルカと思ったことがないので、そうなんだ、としか思わなかった。
知らずに私もイルカを食べていたかもしれない。
知能の高い哺乳類を捕獲して食べるなって、あの美味しい牛や豚はどういう扱いかしらん。
売られていく可愛い子牛の瞳だって、見たらつらいと思うが・・・・
水銀。。。。。

動物は食べません!
なんてこともあるでしょう。
でも植物だって生き物・・・・・ま、もういいや。

だいたいにおいて、ドキュメンタリーを作る人がその事柄について熱く語るのを見るのが苦手です。
作品として世に出した以上は、売らなければいけないので、それはわかるんだけど、とりつかれてるように見えて怖い。
その事柄を、一方向からしか見ることができない、という態度は、ますますその作品で描かれている事柄が、それだけが真実ではないと大いに宣伝しているようなものだ。
内容が、環境保護や戦争・政治・思想・宗教・福祉、そういうものになると特にその傾向が強いように感じる。

実はマイケル・ムーアの作品も「ボウリング・フォー・コロンバイン」しか観ていない。
あの作品は、彼なりの何故アメリカが銃社会になったのか?何故抜けられないのか?という考察があったので面白かった。
チャールトン・ヘストンは損をしたように思う。
住むならカナダかな、とちょっと思ったし。

super1.jpg「スーパーサイズ・ミー」を観たときには、あれ以降しばらくマックを食べる気がしなかったが、なんといっても最近発売されたクォーターパウンダーは美味しいし、ビッグアメリカはどれもこれも美味しい。
特にハワイアンバーガーがお気に入りである。
だいたい、毎日毎食マックでそれもスーパーサイズばかり食べたら体を壊すに決まってる。
あれは極端だ。
でも、「ちょっとやってみたくね?」みたいな感じだったものを、自称実際にやりましたと、やってみせてくれたのが面白かった。

ということで、「ザ・コーブ」も観てみないとなんとも言えないけれど、きっと支持はしないと思う。



PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

原田泳幸ファン。
2010年03月10日水

マックはいつもお世話になっています

Re:原田泳幸ファン。
カリフォルニアバーガーが楽しみです
↑戦略にまんまと乗っている私
2010/03/10 21:07

ここだけのはなし
2010年03月11日木

マックファンなんだけど

さいきん

ッテリアの

エビバーガーが気になって、なってな、、

Re:ここだけのはなし
そいつぁー聞き捨てならねぇなぁー
って、あっしもあれが気になるんでやんす。

ッテリアは健康志向に走ったことがいかん!
ポテトはサッパリしちゃいかん!あそこのベトベトが好きでしたー
2010/03/11 10:34

Re:Re:ここだけのはなし
2010年03月11日木

今度のエビバは

こってりコレステ

うまうまカロリ

エビぷりぷりらしいから


アンシン、安心、、

Re:Re:Re:ここだけのはなし
あららーーーー♪
あたしは今夜もクォーターパウンダーでした・・・
ホール練習、がんばりました!
2010/03/11 23:13

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら