忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

11.22.00:45

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/00:45

12.17.16:34

キャンディ~映画~

ラストのヒース・レジャーの表情を見るだけ、でも価値ある一本。

詩人志望のダンと画家の卵キャンディ。
このふたりの状況だけでも彼らが「一般的な」生活をしているとはとうてい思えない。
ダンは薬物常習者で、しだいにキャンディもドラッグに溺れるようになる。
始めは身の回りのものを売りドラッグに代えていた。
売るものがなくなるとキャンディの体。
ダンも男色者相手に試みるができず、キャンディは店や街頭で客をとるようになる。

物語は「Heaven」「Earth」「Hell」の三部構成。
監督のニール・アームフィールドはオーストラリアでは名の知れた演劇監督らしい。
この作品が映画本格デビューらしいが、上手だと思う。
今後が楽しみです。

薬物中毒は怖い。
その時間に溺れて芸術を生み出すことも出来るかもしれない。
まやかしの世界に浸ることで、日々の辛さを忘れられるかもしれない。
しかし、、、、、こんなこと言っていいのか・・・・
本来薬物による現実逃避の遊びは、特権階級、何もしなくてもお金が入ってくる人たちのものだと私は思う。

若いふたりが薬物に溺れながら愛し合う。
その姿は痛々しいし、もしこんなふたりが近くにいたら「それが愛なの?」と残念に思うし、ほうっておく。
「ふたりの世界」に浸ってるだけでも強力なのに、それに「ドラッグ」という最強のプロテクターを持ってるんだもの。

その頑なな心を溶かしていくもの、それが愛。
それも、誰からのものでもなく、自分の中に生まれるもの。
傷つきボロボロになって、大切なものを失って、もがいて苦しんで何かに気付き、新しい未来に向かっていくとき、もしかしたら誰もがラストのヒースのような表情をするのかもしれない。
candy.jpg









PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら