忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.25.22:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/22:51

12.17.16:26

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド~映画~

なんとも骨太な作品でした。
最初から最後まで痛い。
落ちたり落ちてきたり飛ばされたり殴られたり、痛い。
そういえばポール・トーマス・アンダーソンの作品にはけっこう鈍器による強打、って出てきますね。

原因はわからないけど、なぜ主人公がここまで孤独なのか?なぜ彼の持っている強烈な愛情を上手に外に出せないのか?彼が抱えている「絶対的な孤独」が可哀想でたまりません。
それは富によるものにも思えるし、でもそれだけではないようにも思える。

仕事に行かねばならず子どもに酒入りミルクを飲ませてしまう、普通に手段としてそうできる、つまりは彼の不幸な生い立ちが根底にあるのでしょう。
そんな主人公の光(あまりないけど)と影を、たんたんと描いてあります。

油田の炎はとても美しかった。
それと、砂漠のシーンのバックに流れる音楽というか音に近かったけど『2001年』を思わせて、何かの始まり、そこから生まれるもの、という感じがしました。

therewillbeblood.jpg









PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら