忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

05.25.19:27

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/25/19:27

02.22.11:29

チェンジリング ~映画~

changeling.jpg昨夜は素敵なGirlFriendとデートで深夜興奮しながら帰宅して、そのままの勢いで映画ブログ書いちゃえ!とも思ったけれど、そうなると朝まで眠られなくなりそうだった。
それは夜中1時すぎると使えなくなるMCカードのせい、だけではない。←別に意味はない。

~ネタバレじゃないけどラストの重要なセリフが入ってます。~

配給会社のロゴが登場するところから既に「イーストウッド作品」。
同じ音楽が流れるままタイトルに移行していくのだけれど、その流れがおとなで素敵。
hiroさんは「ミリオンダラー・ベイビー」みたい、と書いていた音楽だけど、そりゃそうよ、同じイーストウッドが作曲してるんだから。

ここ最近、アンジーはシリアスものに力を入れている。
イーストウッドがアンジェリーナ・ジョリーで作品撮ってる、内容は子供を誘拐された母親の話だ、とネットニュースを読んで、「アンジー、アカデミー欲しいのかなぁ、でも中身がピンとこないなぁ」とちょっと残念にも感じたけれど、これなら文句はないです。
それまでの無理してる感、を感じなかった。
クリントさんの演出が上手なのか、重苦しい雰囲気にも関わらずアンジーがとてもリラックスして演技してるようにみえた。

angie3.jpg朝起きたときに、あれだけのお化粧していたらお肌に悪いわよ!
その髪型維持する寝方を教えて!
と、つっこみ入れたくても、彼女は素敵。
ボディコントロールのきれいな女性、はどうしたって美しい。
「立つ」「歩く」「座る」姿には無意識に「自分自身を律しているか」が出ると思うので、私にはポイント高いところ。
好き好き♪アンジー。

と、アンジーメインで感想してしまったけれど、冒頭の配給会社のロゴから、エンドロールまでを一気に、緊張感を持続したまま観ました。
もちろん、観てる間に「これはイーストウッド作品だし」など考えられません。
この作品のラストには「希望」という言葉が出てくるのですが、それがあまりにも哀れで悲しくて、私は泣きました。
死ぬまで生き地獄を生きた、あの母親があまりにも可哀想で泣きました。

angie2.jpg母親にとって子供から「ママに会いたかった」と言われるほど嬉しい、切ないことはありません。
明日、ああ、もしかすると明日、そう思っているあの子が帰ってくるかもしれない。
この道を、あの街路樹を越えると、あの子が待っているかもしれない。
私のことを覚えているかしら、私はあの子がわかるかしら。
手紙は、電話は、あの子の便りを届けてくれるかしら。

帰らないわが子を、わずかな希望で待ち続ける、そんな無間地獄。

いつも思うけどイーストウッド、あんた、ほんとは女に何か持ってるでしょ?



PS.映画好きのダンディ(想像では)の日記に最後の路面電車の話がでていたので追記です。
ラスト、アンジーの颯爽とした後姿、すれ違う路面電車・・・というシーンはとても印象的で、私は『欲望という名の電車』を思い出しました。
「『欲望』という名の電車にのり、『墓場』で乗り換え6つ目の『天国(極楽)』に降りたつ」
byテネシー・ウィリアムズ
で、アンジーは彼の戯曲が大好きでタトゥーにも彫ってる言葉が
「A prayer for the wild at heartkept in cages」

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:チェンジリング ~映画~
2009年02月22日日

ウチの奥さんが
この映画に興味をしめして

「ハッピーエンドなの?」と訊くけど

どう答えたものか、、


奥さんいわく
「アンジーのは大抵ハッピーエンドよね、、」
「あ、 『すべては愛のために』はちがうね」

Re:Re:チェンジリング ~映画~
私はハッピーエンドだとは全然思えなかったけれど、ハッピーエンドに感じる人もいるでしょうね。
「岩壁の母」ですもん。
横田さん夫妻ですもん。
なんといってよいかわかりません。
2009/02/22 13:52

Re:チェンジリング ~映画~
2009年02月22日日

マイミクさんの早期鑑賞率が非常に高い作品ですね。
私も、「アカデミー賞の発表前に」と意識して、早速足を運びました。
女性の・・・、特に子供を持つ方は、なかなか冷静には観られなかったでしょうね。
それにしても、イーストウッド監督の演出は本当に大人です。
音楽も、とても80歳近い人の書くスコアとは思えません。

そして、アンジェリーナ・ジョリー!
「Mr.&Mrs.スミス」では女の魅力にクラクラさせられましたが、
今作では演技者としての彼女に深くやられました。
主演のオスカーを獲ったっておかしくありません。

Re:Re:チェンジリング ~映画~
TOMさん、ほんとに鑑賞率高かったですねぇ!!!!
私、読むのに必死でしたし。
それぞれに「なるほど!」と思わせる感想があって面白かったです。
イーストウッドのすごさ、でしょうか。
あれだけの映画ファンをうならせる、鑑賞に堪えうる、話ができる作品。
さすがでした。
2009/02/22 16:18

Re:チェンジリング ~映画~
2009年02月22日日

ほんとにひどい話だよ。。。

昨夜はステキな一夜をありがとうございました

Re:Re:チェンジリング ~映画~
まったく・・・酷いはなしだ。。。
こちらこそ、まったく申し訳ない。。。
2時前に飲み屋でカード使うヤツ、普通おらんからCP止めてる、って言われたー。
そんなのわからんじゃんね!
2009/02/23 00:04

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら