忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.26.22:52

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/26/22:52

02.20.20:30

ありがとう、は誰に言う?

大人も子供も、「出会う人」によってどれだけ人生は変わっていくことか。
今日は宮崎市内の特別支援学級の子どもたちによる発表会の日。

「よさこいソーラン」を踊る大淀小学校の子どもたち、たっくんは相変わらず上手にキッチリ踊っている。
ようちゃんは楽しそうだし、ゆきちゃんも一生懸命踊っていた。
クラシックさんは後ろで大漁旗を振っている子の旗係(笑)
絡まる旗を直したりしてるうちにぼかっ!と柄で殴られながらもサザンはっぴを着て頑張っていた。
よしよし・・・♪

嬉しかったのは、去年、詩の朗読をして大変だったO塚小の子どもたちの笑顔。
担当教師が変わったのか、今年はなんだか楽しそうだった。
たぶんADHDの元気な男の子は今年も楽しそうに、「自分に合った発表」ができていた。
ダウン症の男の子と、遠くてわからなかったけどたぶんダウン症の小さな女の子、その子たちも先生に手伝ってもらいながら野菜の数をかぞえたりしていた。
最後はポニョの歌に合わせてニコニコしながら踊っていた。
去年は朗読がうまくいかず、最後にひかえていた男の子は端折られていたのに。

いつも感じるのは、特別支援学級の先生たちの雰囲気がとても温かいこと。
なぜ、その道を選んだのか、私だったら?と考えたなら、自分の中に外に出せない何かを抱えていなければ彼らに接していくことは無理に思う。
だからあえて尋ねたことはない。


te.jpg『どんなに障害が重くても、あれもこれもできなくても、
「生まれてこないほうがよかった」ほどの不幸にはなりません。
「楽しみあい 生きあう」相手を見出せないことが不幸なのです。

人は関係性の中で育ちます。
世代を超えた交流
支えあう笑顔
信頼しあえる人と人との中でこそ、ひとりひとりの命が輝くのではないでしょうか』

たまに私を患者を診る目でみる奈須先生だけど、こんなこと言える人なんだから、もちろんレベルは全然違う。
救えなかった命の数、苦しみを癒せなかった命の数が彼女を優しくしている。
昨夜はお願いしていた講演を終えて、私の隣で安心して笑っている彼女を見ながら、この人に出会えて本当に良かった・・・と思った。
そのうち彼女に美味しい宮崎牛を食べさせられるぐらいの給料が貰えるようになりたい。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:ありがとう、は誰に言う?
2009年02月20日金

いろいろ
良かったね♪

イヒヒ、、

Re:Re:ありがとう、は誰に言う?
ありがとう♪トップ・シークレットは守ってくれてー♪
2009/02/20 20:11

Re:ありがとう、は誰に言う?
2009年02月21日土

やっと、痛みが治まりました。
毎度のことながら・・・反省と悔恨の発表会であります。

サザンの法被、2度目のお披露であります。
他の持っている人は、どうしているんだろう?

お疲れ様でした。

Re:Re:ありがとう、は誰に言う?
たしか、額のほうからきてましたよね・・・
お疲れさまでした!

確かに私のタイガースはっぴも、2軍が練習に来たとき以外、堂々と着れる場所はないですねぇー。
2009/02/21 08:27

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら