忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

11.22.00:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/00:50

12.17.16:06

4分間のピアニスト~映画~

ドイツ映画、重くて暗いけどどことなくユーモアもあって(それも、今笑っていいとこなの?とちょっと躊躇するような)ハマりそう。

ふたりのピアニスト。
ひとりは年老いた女。
もうひとりは若い女、ただし囚人。
互いに暗い過去を背負って生きてきた。
それも、ひどくもがきながら、自分を傷つけ、厳しく律しながら。
共通しているのは、ふたりとも愛するものを助けることが出来なかった後悔の気持ち。

年老いたクリューゲル先生が、心の奥にしまっていた思い。
きっと、彼女の言う「美しい音楽」に触れるたびに胸を締め付けていたであろう面影や思い出を、若い天才によって図らずももう一度見つめなおすことになる。
想像しただけでも辛い。
クリューゲル先生がどのように生きてきたのか、を思う。
私ならきっと精神的におかしくなっていただろう。
彼女には音楽があった、だから生きてこられた。

それはきっと若き天才も同じ。
死んでもよい、と思いながら、それでも生きたいからクリューゲル先生を受け入れた。
心の痛みと体の痛み、彼女は心の痛みを体の痛みで紛らわそうとするかのように荒れている。

誰もが観て、良いと思える作品ではないと思う。
しかし、ドイツ映画のパワーを感じるには十分。
なんともすごい作品だった。

4hun.jpg










PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら