忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.25.22:49

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/22:49

08.09.02:01

HACHI 約束の犬 ~映画~

愛しても愛しても、届かない思い。
待っても待っても、帰らないひと。

hachi3.jpg時折ハチ目線の画面が現れる。
その色のない世界(犬って色盲だと聞いたことがあるけど)と、するどい聴覚に感じるのは、自分を置いて妻と戯れる彼。
または、自分を置いて、孫が生まれる喜びを家族三人でわかちあおうとする彼の姿。
ただ側にいられるなら幸せなのに、ずっと一緒にはいられない。
待ってるだけ。
自分の名前を呼んで、笑いかけてくれる彼を、待ってるだけ。

そのハチ目線が時には切なく、時には残酷で、私も飼っていた犬のことを思い出した。
家に恋人がやってきたときには、いつの間にか私のそばから離れて、別の部屋にいたボンちゃん。
仕事から帰ると、必ず玄関でしっぽちぎれるぐらいに振って全身で喜んでくれていたボンちゃん。
あー、あの時はごめんよー・・・・と、思っては泣いた。

hachi2.jpg日本版の「ハチ公物語」は犬好きの同級生と観た。
あのとき彼女は、「なんで石野真子はちゃんとハチ公を引き取ってやらんかったっ!」と怒っていたけれど、今日観た「HACHI」では、ハチは好きにしてそして生きて死んだんだから、いいか、と思えた。
映画の中では先生が亡くなって10年、駅で待っていたけど、実際は9年だったそう。
どちらにしても切ない。
ひたすら会いたい人の姿だけを待っているのだから(焼き鳥目当てだったかもしれんけど)。

作品は、残念なことに吹き替え版しか上映しておらず、これが全然良くなかった。
吹き替えが悪いので、映像観てもどこかそらぞらしく、引きながら観た。
ハチ目線だけが救い。
それに、やっぱりあの目。
あんなまっすぐな目で見つめられたら、汚れの私なんてまともに見ることできないよ。
憧れの秋田犬・・・

ゆうべ、映画の会でハチが死んだ本当の理由、として、解剖したら焼き鳥の串が3本胃袋の中にあったので、串のまま焼き鳥を食べたから死んだ、と言ってた約一名。
それは違うんじゃー?

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月09日日

忠犬説に対する異論 [編集]
主人の生前も死後も毎日のように渋谷駅に現れる本当の理由は、駅前の屋台の焼き鳥屋からもらえるエサが目当てであったという説がある。この説には、ハチ公の死体を解剖した際に胃の中に細長い焼き鳥の串が数本突き刺さっていたという事実が根拠を与えている。

また渋谷出身で、生前のハチ公を実際に見ている鉄道紀行作家の宮脇俊三の著作「時刻表昭和史」にもハチ公を可愛がる駅周辺の人達が与えるエサが目当てであったという記述があり、この説の根拠となっている。

こんな余計なことを調べたり、言う人がいるのですね。


「吹き替え版」しか上映しないというのは、人をバカにしていると思います。
私は、ちゃんと字が読めます!

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
異説、もぉやだー、という感じです(^^ゞ
でも、先生の親族の家からいなくなったあとは野良だったわけだし、お腹はそりゃーすきますよね!
昔はあんな風に放し飼いの犬がいっぱいいたよー、と思い出しました。

吹き替え版!!!!!!!!!!!
これ、ホントだめすぎ。
がっっっっかりしました・・・・
エンドロールの歌が青山テルマですよ、そのうえ。
なんじゃこりゃ!?って映画でした。
フジテレビがギア様とラッセ・ハルストムに頼んで作ったんですか?
邦画?
2009/08/09 10:39

最良の友
2009年08月09日日

僕が子供の頃

白い紀州犬を飼ってた
名前は「ハチ」

「ハチ」は11歳まで生きた

その半年後「ハチ」にそっくりな子犬がひょっこり現れて
「きっとハチの生まれ変わりだと信じて
「ムツ」と名づけて可愛がった」
「ムツ」は13歳まで生きた

両方とも僕のひざの上で見取った
「ムツ」は僕の上で失禁するのをいやがったけど
「いいんだよ、なにも気にしないで、、」と
抱きしめて泣いた

「ムツ」は最後の一息で僕の鼻を舐めて絶えた

君たちはペットなんかじゃなかった

いつも待っていてくれて
いつも大喜びで迎えてくれた

最高の友だちだった

Re:最良の友
ううう・・・・泣けちゃったじゃないですかー。
できるならもう一度、チルやブラックやボンちゃんに会いたい。
2009/08/09 19:09

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月09日日

泣くもんか、泣くもんか・・と思っていたのに青さんに泣かされた・・。
犬はペットなんかじゃなく、ときには家族以上の存在ですよね。
私も在りし日のコロを思い出しました。

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
コロ!
なんて可愛い名前♪
あー、このこに悪いなぁー・・・と思いつつ、一匹だけ置いて家を空けたり、ほっといたり、それでも姿を見たら思い切り喜んでくれますからねぇ。。。

ボンちゃんの他に犬は飼わない!と思っていたのにアホ弟がもらってきたコーギーのクーちゃんが、今は母のところにいます。
2009/08/10 00:23

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月09日日

先日に引き続き「我、キリ版ゲットなりっ!」楽しめました。ありがとう。

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
デザインを変えてみました
2009/08/10 00:23

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月09日日

本当に何でも見ますねえ。尊敬します。
これって日本向けアメリカ映画で、日本人で字幕が読むのが辛い高齢者と子供しか対象にしてないから
日本語吹き替えのみで公開でしょ。
そこに文句言っても仕方ないですね。

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
えーーーーーーーーーーーー!
吹き替えのみなんですか!?
字幕版ってないんですか!?
だからエンドロールが青山テルマなんですか!?
2009/08/10 00:25

ボクのともだち
2009年08月09日日

あはは、泣かせてごめんちゃい

僕は
「HACHI」の予告編で泣いた

日本犬って種類がちがっても
子犬は良く似ていて
あの目で見つめられたらたまんないよ、、

Re:ボクのともだち
予告編がすべてでした・・・・・
2009/08/10 00:26

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月10日月

そして次にふらっと現れた犬を飼った。
名前は瑞鶴。
そしてその次は、赤城。さらに次は愛宕。
以下続く…。

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
大和とか東雲とか・・・・
2009/08/10 20:53

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月10日月

正しくは
 「ムサシ」と「ヤマト」という名の
双子の秋田犬を飼ったが
二匹とも長くは生きなかった

それ以降
  犬は飼っていない

とかいう話だな、たぶん、、

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
ほぉう・・・すげー
2009/08/11 00:43

Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
2009年08月15日土

ようやく観てきました。
吹替版はダメだという45さんの感想を参考にして、ご近所シネコンでなく、字幕版が公開されているお隣り倉敷市のMOVIXまで出かけて行って。 やはり、リチャード・ギアは本人の声でなければ。

劇的になりすぎない描き方に好感が持てました。 教授(リチャード・ギア)から 「HACHI」 と呼ばれるようになる理由にも無理がありません。 HACHI(たち) も演じすぎず、素直に可愛いと思えました。

終盤では2度、3度と鼻の奥がツンと・・・・。 涙をこぼすまではいきませんでしたが、犬を飼ったことのある人なら、あれは我慢できなかったでしょうね。
エンディングの音楽もしんみりしすぎず、適度に明るいものだったのも良かったです。(エンドクレジットが半分ぐらい終わった辺りで退場したのですが、字幕版では青山テルマは流されませんでしたよ)
悪くはありませんでした。

ところで、もう1本の犬映画「ボルト」 はご覧になりましたか。 こちらは、両シネコンとも吹替版しか上映されていませんでしたが。
先日観た 「サマー・ウォーズ」 に負けないぐらい良かったです!
さすがはディズニー!
クライマックスでは、「HACHI」以上にぐっときて、視界が滲んでしまいました。
お薦めです。

Re:Re:HACHI 約束の犬 ~映画~
TOMさんの感想読んで、すーごく字幕版が観たくなりました!
そうそう・・・そのとおりです。
悪くないんですよね、静かでさりげなくて。
あれが吹き替えになってるばかりに、さりげない演出が軽ーく、に変わるんですよ。
鹿児島あたりまで行こうかな、時間さえあれば(^^ゞ

そんなにお薦めとあれば「ボルト」娘が観たがってるので、行ければいいなぁ。。。。
2009/08/15 08:34

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら