忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

09.23.05:36

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/23/05:36

08.15.01:35

白河夜船

shirakawayobune.jpg吉本ばななの「白河夜船」という小説の装丁が好きで、その意味も知らずに読んでいた。
ずいぶん年上の男の人から「うとうとするお話なの?」と尋ねられ、そんなお話だったのでうとうとしながらそうだ、と答えた。
それはずいぶん前のこと。

なんとなく、もう一度意味を確かめたくて調べてみると「知ったかぶりする」とか「寝過ごす」とか「ぐっすり眠る」だとネットに出てきた。
全然違う・・・私は20年近く「うとうとする」だと信じてきたのに。
彼からそう聞いたころ、ちゃんと自分で調べもせずそうなんだと思ったからいけないんだ、そう思いなおしたけど、あいつめ、めちゃめちゃ高学歴で、ハタから見たら立派な仕事してたくせに・・・子どもだと見て適当な話をしてたんだろうか、やってたことは立派じゃないから仕方ないのかな。
うとうとする、と熟睡するは全然違う。
ばか。
調べて良かった。

奥さんのいる魅力的な男に恋をした女がいて、彼女には「沿い寝」をする仕事をしている友人がいる。
沿い寝の彼女は、寝心地のよいベッドでお客と寝る。
何もしない。
ただ沿い寝をするだけ。
男も女もお客になる。
彼女は眠る彼らと呼吸を合わせながら沿い寝する。
すると、彼らの心と同化していくようで、たまにその心の闇にまで入り込むようで恐ろしい、という。
女はいつか彼女に沿い寝してもらいたい、と思うが、願いは叶わず彼女は自殺してしまう。
きっと、色んなひとたちの心の闇に入り込みすぎたんだ、そう女は思う。
夏の日、女は男と花火を見に行く。
今こうしてふたり、同じ時を過ごし、同じ花火を一生懸命ながめていることを喜んでいればいい。

たしかそんなお話だった。

私に沿い寝するなら、彼女はどんな夢を見るだろう。

 

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:白河夜船
2009年08月15日土

今ならネットですぐに調べられますが、20年前だと、辞書を引くしかなかったですからねえ。
しかも、辞書だと読み方を知らないと引きにくいですが、ネットなら大丈夫。僕はこれ、ずっと「しらかわやふね」と読んでました(^^ゞ

Re:Re:白河夜船
hiroさんがサクッと携帯打ち出すお得意のヤツ、あれいいですよねぇ♪
毎回、やっぱりこれを見ないと帰れねー、と思ってます
2009/08/15 08:37

Re:白河夜船
2009年08月15日土

知りませんでした。
勉強になります。

ところで添い寝と言えば川端康成の「眠れる美女」を思い出します。

Re:Re:白河夜船
その年上男性はぱふさん、ご存じかもです(^^ゞはっはっはー。

「眠れる美女」~~~美しいですー♪
2009/08/15 12:08

白河夜船に乗って
2009年08月15日土

京都に行ったことがあるとウソをついた男が
「京の白河はいかがでしたか?」と訊かれ

てっきりそういう川があるのだと思って
「いやあ、船で寝込んでて気づきませんでした」と答え
バレしまった

知ったかぶりをするもんじゃない、、

という解釈のほうが僕は好きだな



添い寝ってのは
かなり上質の快楽だと思う

SEXに嫉妬しなくても
添い寝には嫉妬するかも、、

Re:白河夜船に乗って
あっ♪
その気持ち、わかるっ!
セックスってただのセックスだもん。
沿い寝、ヤバいよねー。
してほしいわー。
2009/08/15 21:43

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら