忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

07.24.21:36

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/24/21:36

03.25.01:25

あなたが空しく生きた今日

「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった人が、あれほど生きたいと願った明日」

「生」と「死」についてしょっちゅう考えるようになっている。
生きる、とか死ぬ、という単純な意味だけでなく、「どう生きる」だの「どう死ぬか」だの、考えたってなるときはなるのよ!という、正常な感覚の時ならば「考えたって仕方ないじゃん」と思えることまで考えているので困ったものである。
もっと困ったことに、そういうことを考えだすと性欲までが減退してしまう、という性質を持っているので、好みの男女を見てもときめかない。
これは!という文章にも音楽にも映画にも人にも、みょうにpeaceなイメージしか湧かず、悶々とした修行僧のようだった今までの私が、何かを悟ったかのような剃髪した尼さんみたいな気分だ。


nakamura.jpg中村久子という人がいた。
両手両足を幼いころに失って、「ダルマ娘」として見世物小屋にいた人。
短い両腕と口を使って裁縫をする。
美しい書を書ける。
料理もできる。
ハサミも使える。
アイロンもかける。
それでも彼女は嘆く。

「この手では拝めない」

知り合いが他のブログで書いていた言葉には『ある不幸。ない幸せ』(だったと思う)そうあった。
四肢満足にしている誰もが天を拝むのか?
拝みたくても拝めないと嘆く心を、どれだけの人が思うのか?
嘆く心の気高さを、わかる心を持てるのか?

さまざまな出来事、思考に阻まれ、こうして生きている、生かされている幸せに気づけない。
なんと罰当たりなことだろう。
誰の上にも同じように空はあること、あやまちを犯さねば気付かない。
私たちは何と傲慢なのだろう。

ただ、やはり私はこんな気持ちのまま、深く狭く広く浅く、物事を考え、あやまちを犯し、傷つけ傷つき、叶わぬ願いを抱きながら生きていくのだと思う。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:あなたが空しく生きた今日
2009年03月25日水

別に拝まなくてもいいと思うんですけど、人は自分ができないことを欲するものなのでしょう。

中村久子という人は凍傷が元で両手両足を失ったそうですが、Wikipediaに「左足の甲に凍傷をおこしその後左手に凍傷は移った」というのに疑問を感じます。凍傷って移るものなんでしょうかね。

Re:Re:あなたが空しく生きた今日
きたきたきた!

何かに対しての畏敬の気持ちをもっていても、それを形(手を合わせるという行為)にできないことを悲しんでいるのでしょうね。
彼女は四肢がなくても家事一般を健常者より立派にこなせ、各地で講演活動をするようになったことに慢心していた時期があったそうです。
謙虚になろう、とする気持ちから「拝む」という言葉を使ったと私は解釈しますし、そうであってもらいたい。


凍傷でしょう???
私も思った!
なんで移るんだ?

ってなことを考えてると、本当のことは一般ピーポーにはわからんもんねー、なんてまた余計なことを思うじゃないですかー!
2009/03/25 08:34

Re:あなたが空しく生きた今日
2009年03月25日水

私なんて何かあれば拝んでばかりいます

Re:Re:あなたが空しく生きた今日
私もしょっちゅう、西さ向いては拝み、東さ向いては拝みしてます。
南さ向いては拝み、北さむいては拝んでおります・・・・
2009/03/25 18:07

5555♪
2009年03月25日水

キリ番踏んだの
かくへんかくへん
ありがとうございます

Re:5555♪
こちらこそ、ありがとうございます♪
良いことがありますようにー★★★
2009/03/25 18:08

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら