忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.25.22:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/22:47

05.25.00:26

最後に帰る場所

「あなたが、最後に帰る場所は、どこですか」

『井上雄彦 最後のマンガ展』のチラシコピー。
それを読んで4号が、
「堀切峠・・・ほら、はまゆうが咲いていて・・・」と言った。

inoue3.jpg彼女は宮崎の人だけど、熊本に家を建てているので、その言葉を聞きながら切ないなぁ・・・と思った。
そういえば私が東京にいたころ、車で10分も走れば海に辿り着く宮崎に、どれだけ帰りたかったか思い出した。

不勉強だが宮本武蔵がどんなひとなのか知らない。
だから今回の展覧会での、『井上雄彦の宮本武蔵』でしかないのだけれど、武蔵というよりも一人の、死ぬまで剣の道を行き、強くなりたいと願った人、として私の中に入ってきた。

強くなりたい。
どれほどそう願っているだろう。
力、心、強くなれたらどんなに良いだろう。
どんな出来事にも気持ちにも揺れずに生きていけたら、どんなに良いだろう。
しかし本当のところは彼も気づいていたとおり、ありのままの自分を受け入れることが強さなのだと思う。

天井までの大きな絵の中に一羽の鳥が飛んでいた。
その横には、高く高く飛ぶ二羽の鳥がいた。
もう一羽は誰か?ではない。
あれは自分自身全ての姿だろうと感じた。
その絵は水墨画のようでもあり、マンガのようでもあったけれど、一羽の孤高の鳥が二羽になって飛んでいる風景画は、優しくて厳しくて、とても美しかった。

inoue2.jpg傷つくことを恐れないとか、ありのままでいいとか、そんな気持ちはとても大切にしているけれど、そんな大それたことできているかというとそうでもないし、また、そうすることで失うことも多いわけで、それを救ってくれるのがそれまでの潔い生き方への誇り、なのだと思う。
様々な人々に出会って気持ちが揺れても、自分の中にある芯だけは揺れないから傷つく。
これでいいんだろうか?
間違ってないだろうか?
と、自分に問いながら生きている人は素敵だ。
そして、人生の最後に浮かべる風景は、やはり私も大きな海だと思う。



PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:最後に帰る場所
2009年05月25日月

素直になれる場所
好きなだけ泣ける場所
心から笑える場所

僕にとって
最後に帰りたいのは

清武の
あの場所かもしれない

Re:Re:最後に帰る場所
ほんと?
沖縄とかじゃなく?

青さんの定義で言えば今の私の場合、あの季節の、あの時間。
2009/05/25 16:12

沖縄とか、、
2009年05月25日月

その場所は、、

そっとしといて(苦笑)

癒されるどころか
心みだれまっくてしまうってば

Re:沖縄とか、、
はははーーーー♪
やっりー

いつも私ばっかり慌てふためいてる姿見せてるから、たまにはねぇ。
2009/05/25 21:38

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら