忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

11.22.00:49

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/00:49

05.24.11:14

愛のむきだし ~映画~

パワーはあった。
出演者たちにも演出にもセリフにも、あと上映時間にも。
ただし、これを言ってはおしまいだが、映画に勝る経験をしてしまうと、特にこのような作品の場合、演出が面白ければ面白いほど、出演者が熱演すればするほど、少しも琴線に触れなかった。
疲れただけ。

mukidashi.jpg実話に基づく、というテロップが出たが、映画はしょせんフィクション。
ドキュメンタリーであっても、作品になる以上は監督の気持ちによって少なからず演出の部分が入るのは否めないだろう。

ネタバレします。

神父としての自分自身が犯した淫行、という罪。
結局はそれに報いてもらえなかったことに傷つき、腹いせのように、息子に懺悔を求める父。
そんな父のために罪を作って懺悔する息子のユウ。
懺悔し、時には殴られることで親子の絆を確かめている。
罪は盗撮。
彼はスゴ腕の盗撮師になっていた。

ユウが求めているのは幼いころの記憶にある母のような、マリア。
ある意図により、彼は街で不良に絡まれている少女と出会う。
少女はヨーコ。
彼女は幼い頃から女にだらしのない父に虐待され、そのため男性全体を憎んでいる。
たまたま仲間たちとの遊びで女装していたユウに、ヨーコは恋心を抱く。

ある意図を仕組んだのがコイケ。
彼女も幼いころから父親に虐待されながら育っていた。
たぶん性的な虐待も受けていたのではないか。
他人との関係性をまともに作れず、もちろん男性に対しては媚と擬態で冷たくやりすごしている。
そんな彼女は新興宗教の幹部で、地区の教会であるユウの家族を取り込み、信者拡大に利用しようとしていた。

この作品は何が疲れる、といって一番疲れるのは「その人がそうなった理由」を一から十まで出すこと。
だからヨーコが女装したユウに恋したときも、「男嫌いだから女を好きになる」という、中学生のような理由を見せられウンザリした。
だいたい街で、いい女にいきなり「あなた可愛いわ」とキスされたからといって、恋してる!恋人同士だなんて言ってる場面ではヨーコの精神的幼さを表している。
ただ、女性に恋したヨーコに恋しているユウ、という構図が彼がヨーコにしか勃起せず、それを彼女が毛嫌いしていて・・・という伏線になる。

洗脳されたヨーコを海辺に監禁した彼を見つけたコイケたち。
ヨーコに勃起してしまったユウの男性器を、切り落としてしまえ!とヨーコに言うコイケ。
ユウは「君をみたらつい勃ってしまう・・・ごめん」と言うが、そこで決して「切ってもいい」と言わないのはなぜか?
ヨーコは男が嫌いなのに。

新興宗教本部に乗り込んだユウがみたもの。
それは父と父の恋人と、ヨーコとコイケが家族のように団欒して鍋をつついている姿。
なーんだ、結局コイケも「家族なんかいらない」と言っていたヨーコも、家族が欲しかっただけじゃん。
偽りであったとしても。

その団欒の姿を見せるための彼女らの生い立ちであったならば、とても単純なことをとても時間をかけて見せられたことになる。
どうなんだろう・・・

そしてラスト。
精神病院に入っていたユウをヨーコが訪ね、今まで誰より愛してくれたのは彼であったことに気付いた、と告げる。
ユウは正気になり、再び勃起し、ふたりはお互いの手をしっかりと握りあう・・・

なーんだ、結局、普通の少女がある時期男性嫌悪に陥って、学校の先輩なんかに憧れてウキウキしてたけど、最後は男の子と恋愛できた、ということか?
そこに虐待だの盗撮だの宗教だの変態だの同性愛だの殺人だの情けない男と女だの、そういうエッセンスをちりばめたのか?

愛している!愛している!愛している!
愛して!愛して!愛して!
君じゃなきゃだめだ!
愛、愛、愛・・・・・

疲れた・・・

出演者たちが熱演だった。
満島ひかり、西島隆弘、安藤サクラ。
特に安藤サクラ。
二度と会いたいとは思わない顔だけど、本当にすごかった。

今は時間がなくて書けないけれど、ヨーコが読んだ聖書の一節は素敵で。
あとで書いて考えてみる。
疲れてなければ。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:愛のむきだし ~映画~
2009年05月24日日

この映画は疲れにいく映画なのですよ。
だてに上演時間が長いわけじゃない。

個人的には絶賛の部類だけど唯一不満なのは「この話は事実に基づいて~」の部分。そんなのどうでもいいや。

Re:Re:愛のむきだし ~映画~
わたし、そこが気になって気になって。

内容のことを思い出しながら考えているのですが、今日だと、ユウ君はウォーリーなんだ、と思っています。

個人的にはコイケのチャプターがとても気に入ってます。
2009/05/24 15:15

Re:愛のむきだし ~映画~
2009年05月25日月

お久しぶりでした。
しっかしあいかわらず美人ですねえ。
喫煙所でドキドキしました。
髪は今週末に整えます。まだ伸ばします。
人生初のロン毛を目指しています。

映画はたぶんDVDを購入して繰り返し見ると思います。
安藤サクラは足のサイズ27センチだそうです。
別にいいんだけど。

Re:Re:愛のむきだし ~映画~
まぁ♪おやびんたら・・・
こちらこそ、お久しぶりでした。
本当にびっくりしましたよ、言われなきゃ絶対絶対わからなかったので、maikoちゃんに感謝です。
のばすんですか・・・・細野さんみたいになったらまたお会いしましょう。



というか、やはり恥ずかしがってむきだせないおやびんはお気に入りでしたか!この作品。
サクラは小さいのに足は大きいんですね。
2009/05/25 09:40

Re:愛のむきだし ~映画~
2009年05月25日月

僕もドキドキしたいので画像交換しませんか?

Re:Re:愛のむきだし ~映画~
私はコメント欄にあなたの名前を見つけるだけでドキドキするから、これ以上ドキドキするのは心臓に悪いですぅ
2009/05/25 23:19

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら