忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

06.26.22:53

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/26/22:53

12.17.13:30

この道は母へと続く

ロシア映画です。
可愛くて素敵だった!

世界中の貧困国の孤児たちが、裕福な国のお金持ちに養子にもらわれているのですが(貧困国で、孤児で、とは限りませんが)、仲介する人によっては人身売買であったり、臓器売買であったり、という現実があります。

この作品は施設に預けられている子どもが養子が決まったけれど、「養子に行ったあとに母親が迎えにきたらどうしよう」と、本当の母親に会いに行く、というお話です。

施設には小さい子から大きい子まで年齢は様々で、大きい子は大きい子なりに施設の中で独立し、自分たちの生活を営んでいます。
そのたくましいこと・・・・・
女の子は売春であったり、施設の中で小さい子の世話をしたり、男の子はガソリンスタンドだったり、施設に来る養子仲介人の車の部品を盗んだり。
だけど、それがとても明るくてたくましい。
稼いだお金は皆で貯めてたりして。

ただ、こんな例えで悪いのだけれど、ペットショップの動物同様、小さい子じゃないと養子にいけないという現実がすごく悲しい。そして、そんな子どもたちが母親の存在を欲していることがつらい。
トラック運転手相手に売春しているイルカという少女が、主人公ワーニャに見せる母性がなんとも爽やかです。

それと、仲介人の運転手!
この人、いい!最後、すっげースッキリ!こーでなくちゃ!っていうか、判るよ!あの気持ち♪

つらい話題でもあり、考えるととても悲しい現実なのですが、そこに生きる子どもたちのたくましさがまぶしい、素敵な作品でした。

konomichi.jpg










PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら