忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

11.22.00:45

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/22/00:45

12.18.18:27

アウェイ・フロム・ハー

私はまだまだ修行が足りん!!!!と、主演のジュリー・クリスティや監督のサラ・ポーリーにひれ伏したい気持ちでいっぱいです。
サラ・ポーリーって私よりも随分若いのに、なんでこんなやり手ババアのような手管、というか手腕というか・・・彼女スゴイなぁ。
中島みゆきが白人になったような。。。

痴呆が現われてきた妻にとまどう夫。
自分よりも若く美しく、まるで子どものように可愛がってきたような妻がだんだんと自分との記憶を失っていく。
それも新しい恋、という形をとりながら。

この夫の周りの女たち。
妻、妻の恋人の妻、看護士。
彼女たちはそれぞれに、愛する形を提示する。
ひとりは忘却、そして再生、受容。

誰かひとりを愛し続けるには、そのいずれも必要で、また、ズルイことにそこまでの気持ちになるためには、愛する人以外の心や体も必要なのです・・・・
残念なことに、悲しいことに、そうなのです。
人はひとりでは生きていけない。
とてもとても愚かでずるい。
だけど、その「唯一無二の愛」が偽物か?誠実ではないか?というと決してそうではない。

もんんんんのすっごく大人な作品でした。
away.jpg









PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら