忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

09.23.05:42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/23/05:42

01.14.13:37

大人対応だってできる

niko.jpg映画館に足が向かない。
そうこうしていると、今週末からは「落下の王国」だの「イン・トウ・ザ・ワイルド」だの2月になってからは「青い鳥」に、クラシックだとフェリーニの「82/1」!
今年の映画館始めは「落下の王国」になりそうだ。
あ!「ブラインドネス」を忘れていた・・・
すませてた・・・

ここまで打っていたら苦手な人から連絡が入った。
私の人生にとって意味もなく、しかし大事な用件なのでストレスの種。
「ジェルソミーナの石」・・・・・彼女は私にとってどんな役割なんだろう?
同級生、ご近所、なんとか委員会、本の今吉先生と今でも知り合いだから会わせる、と4年間言い続けては言い訳する・・・

まったく、調子よくどうしてすぐ口にできるんだろう?
文章にしても、誰かに宛てればそれで既に約束になってしまうではないか。
こっちがそーいうのを許すからそのままになるんだわ!と、一度言ってやろうか!と思ったこともあるけれど、私にとって全然大切な人ではないから腹は立つけどやり過ごす。

どーでもいい、、、、周りの8割にはそうできる。
あとの2割には残念ねー、と言うしかない(~~;)


こうなったら綺麗なものを思い浮かべて口直しする。

yuko.jpg「TOKYO!」の蒼井優ちゃんの含み笑顔。
「花とアリス」の優ちゃんのバレエシーン。
「LAコンフィデンシャル」のマント姿で振り向いたキム・ベイシンガー。
「天城越え」の刑務所に送られていく雨の中の田中裕子。
「ムーラン・ルージュ」の切なげに微笑むニコール・キッドマン。
「アザーズ」の霧の中に出て行くニコール・キッドマン。
「銀河鉄道999」でさよならと微笑みながら去っていくメーテル。

優ちゃんを良い♪と思うのは女子校ノリだけど、彼女以外にはとても憧れている。
女は幸せ~よりも不幸なほうが綺麗なようだ。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:大人対応だってできる
2009年01月14日水

キネ旬ベスト・テン4位の「イントゥ・ザ・ワイルド」、実は昨秋の岡山での公開時にパスしちゃったんです。 2007年の「長江哀歌」も、そう。
たぶんテンに選ばれるだろうけど食指が動かない作品が、なぜか毎年1~2本あるんですよねえ。 「長江哀歌」は、DVDもまだレンタルしてません。
日本映画だと、こういう事はまず、ないんですけど(笑)。

「天城越え」の三村晴彦監督、惜しくも昨年お亡くなりになりましたね。
ニコール・キッドマンが、母国を描いているので出演を熱望したという「オーストラリア」、パスしてしまいそうです。
「花とアリス」の優ちゃんのバレエシーンは、同作での一番の見所でした。 実は今年、某マイミクさんが、その場面を色鉛筆で見事に描いた年賀状を下さったんですよ。 年賀ハガキ4枚を費やして!!!!(4枚合わせて、初めて完成するもの) 優ちゃんの実家とご近所なのだとか。

年賀状のお年玉くじ、切手シートぐらい当りますように!
映画のDVD1枚引換券とかが景品に加わらないものでしょうか(笑)。

Re:大人対応だってできる
2009年01月14日水

TOMさん!
その年賀状、ぜひ、こちらへお越しの際はお持ちください!!!見せてください!
なぁにぃ~~
優ちゃんちと近所~~~
やっちまったなぁ~、というか羨ましい♪♪♪

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら