忍者ブログ

45style book Get real

広くて浅い頭で素直に頑張ります。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/24 your eyes only]
[09/24 your eyes only]
[07/24 only your eyes]
[06/13 harupy-15]
[06/07 岡山のTOM]

10.23.18:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/23/18:50

02.21.08:44

若松孝二監督

ベルリン国際映画祭で寺島しのぶが最優秀女優賞を受賞。
おめでとうございます。

若松孝二監督の「キャタピラー」。
江戸川乱歩の「芋虫」を思わせます。
公式サイト。
http://www.wakamatsukoji.org/top.html

3時間をあっという間に見せた「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」。
狂っていく坂井真紀が誰よりも怖かったことを思い出します。
http://45style.blog.shinobi.jp/Entry/21/
このときには、まだこの程度しか感じることができなかった私。
もう一度観てみたいです。

改めて若松監督の作品を検索してみると、またこれが面白すぎる。
たしか、S会長かK教授が興奮して話していたような気がする。
ATGとかロマンポルノのこてこてしてた力に溢れる邦画の匂いがする。
決して儲からないが、主張に溢れた。
スチールを観ただけでもミヒャエル・ハネケとかミケランジェロ・アントニオーニ(観たことないけど)とか、スタンリー・キューブリックとか、なんかそんな感じ、どんな感じだ!
jitsuroku.jpg








PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:若松孝二監督
2010年02月21日日

設定は「芋虫」そのままのように思いますが、反戦のテーマが入ってるのが若松孝二らしいとこですね。
まだ公式サイトでも予告編が見られないのが残念。

ところで、「実録・連合赤軍」のリンク先は
http://45style.blog.shinobi.jp/Entry/21/
の方が良いような気が(^^ゞ

Re:Re:若松孝二監督
え?え?え?
リンク先、何か変なことになってましたか?
見てみよーっと!

って、ご指摘のとおりに変えました・・・・
なるほどー。
ありがとうございました♪
2010/02/21 21:04

Re:若松孝二監督
2010年02月21日日

守護天使っていう誰も見なかった良い映画の
寺島しのぶさんがとっても良いのでぜひ見て
ください。

Re:Re:若松孝二監督
はい。
了解しました。
誰も観てなかったのにおやびんは観たんですね・・・・・
2010/02/21 21:00

Re:若松孝二監督
2010年02月22日月

懐かしい監督の名前だーー

若かりし頃
お世話になりました・・・
日活ロマンポルノで・・・^^

今思うにあの頃のポルノ映画は
単なるエロ映画ではなく
時代背景や
その監督の主張や社会性みたいなものがありました

あと
高校時代に 友人たちと 親父の背広を拝借して ドキドキしながら見にに行ったものです・・・最初に見たポルノは今でもストーリー覚えてるなーー

でも チャリに高校の名前が貼ってあって 一斉にとっかまって しこたま怒られましたね ・・・ ^^  幼いよね

Re:Re:若松孝二監督
チャリで、って(笑)
そういう経験って大事ですよねーーーーーーっ!
実は私も高校時代にやりました!(笑)

ところで星さん、もしかして昨日、国富の法華岳薬師堂に行ってました?
2010/02/22 22:02

Re:若松孝二監督
2010年02月22日月

まったくねーー

背広来て 大人の変装したのに
みんなでチャリの後ろの学校の証をはっきり見せて 映画館の前に停めてるんだから 歩道の先生にゃ すぐわかる
頭隠して尻隠さず だねん ^^

金曜から東京に出かけていて
昨日の最終便でしたよ
似たようなOYAJIがいたのかな・・・?

Re:Re:若松孝二監督
そうでしたか。
ブログで見る星さんの写真に似た感じの人がいたので、もしかしてー?と思ったんでした。

高校生の考えること、ってそんなもんですよね。
まだまだ可愛いかったってことで!
2010/02/22 22:40

Re:若松孝二監督
2010年02月23日火

今回のベルリン映画祭は、日本映画に関する嬉しいニュースが多かったですが、勿論これがピカイチでした。
寺島しのぶさんは、2003年に「ヴァイブレータ」のゲストとして湯布院映画祭に来てくれ、ちょっとだけお話ししました。 また、2005年に初参加した『ゆうばりファンタ』ではコンペの審査員を務められ、これまたホテルの前で偶然お会いして、再びお話しするチャンスを。

その彼女が「読んで、体を電気が流れた」とコメントされていた「キャタピラー」の脚本を書かれたのは、荒井晴彦氏の弟子で、良介さん(今は保守男さん)とも仲が良く、昨夏の湯布院にゲストでおいでになられた黒沢久子さんなんですよ。 紹介してもらって、お話ししました。 ニュースでは黒沢さんのことも取り上げてほしかったです!
本作は、岡山のミニシアターでは既に上映が決定済み(秋頃)。 東京では8月15日の終戦記念日の頃に公開されるのだとか。 湯布院でもやってくれないかな(笑)。

さて、ヨコハマ映画祭と、もう一つ参加したイベントのレポを、いつもの掲示板に連載中ですから、良ければ目を通してみて下さい。
http://movie.ee.ous.ac.jp/cgi-bin/hmyybbs2.cgi
 

Re:Re:若松孝二監督
保守男さん!久しぶりなお名前!だいたい名前変更されたとき、インパクトが強すぎて唖然としました(笑)おお~、でも格好良い~♪

脚本家までねぇ~・・・テレビやなんかではそこまで取り上げないですねぇ。
今朝の地元紙には共同通信の寺島しのぶの記事が掲載されてました。
今の邦画界は集客力のある俳優ばかり使っている、という彼女の話が出てましたが、そういうのはテレビじゃ流さないし・・・・
私たちが判っておけばいいですね!
2010/02/23 07:54

Re:若松孝二監督
2010年02月23日火

上の書込み中のURLは、すぐ飛べる形で入力されていないので、こちらのURL欄にセットしようとしたのですが、すごく昔のURLのようで、形式がおかしいと入力エラーになってしまいました。

ということなので、ご勘弁願います(汗)。

Re:Re:若松孝二監督
はい・・・・
地味に伺います

ところで桃。
けっこう育ってますよ
これから虫なんかついたりするのかな・・・
2010/02/23 07:56

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら